上尾中央看護専門学校は心と心をつなぐ看護で、あなたの夢育みます。

学校概要

上尾中央看護専門学校の学校組織運営評価

自己点検・評価委員会

令和元年度 学校関係者評価報告

今年度は、コロナウイルス感染拡大の影響により、学校関係者評価会議開催を中止とした。代替として、教職員による「学校評価資料」と「学校関係者評価委員の評価表」を委員へ送付し、各委員に評価をいただいたので、以下のとおり報告いたします。

〇学校関係者評価委員7名の評価と意見

自己評価が適切になされているかを4段階で評価

・強くそう思う:4点 ・そう思う:3点 ・あまりそう思わない:2点 ・思わない:1点

平均点(昨年)
意見等
I.
学校経営
4.0(4.0)
  • 継続的な取り組みで適切な運営がなされていると考える。
  • 個人目標の進捗管理等も適切にされていると考える。
  • 必要な会議が有効に実施されている。
  • 継続的な評価、公表をもとに、今後も改善発展することを期待する。
II.
教育課程・教育活動
3.8(3.8)
  • 学力不振の学生へのケア、遅れを作らせない仕組みづくりに努めていただきたいと考える。
  • 学生の特性に応じた工夫がなされてると考える。
  • それぞれの学生に対応じた教育指導の様子があり、公平かつ妥当と判断できる。
  • 日々の取り組みの努力と成果を感じた。
  • 自己評価が低い中項目は現状分析及びPDCAサイクルを回す必要があると考える。期待します。
<第一学科>
  • 看護師を仕事とすることのイメージがつかない学生の学習意欲を持続させる工夫がされていると考える。
<第二学科>
  • 実習担当教員変更に対しても連携して取り組んでいると考える。今後も期待する。
<通信学科>
  • 学生さんが仕事との両立ができるようなカリキュラムの微調整や細やか指導が伺える。
III.
卒業・国試対策
3.6(3.8)
  • 引き続き適切な支援体制をお願いしたい。
  • 学生個々の問題があると思うが中退者対策を期待する。
  • 通信学科の中退者ゼロは素晴らしい。継続をお願いしたい。
IV.
学生生活支援
4.0(4.0)
  • 適切に運営されている。
  • 心身ならびに環境への配慮が、手厚く対策が取られていると考える。
  • ホームカミングデーの参加者が少ないが、現場で活躍しています。
V.
管理運営財政
4.0(3.8)
  • 収支の検討がなされ、授業料の変更など実施されている。
  • 適切に運営されていると考える。
  • 学生が改善要求を述べる場があることは大変良い環境と考える。
VI.
施設・整備
4.0(4.0)
  • 継続的な取り組みを期待する。
VII.
教職員の育成
3.5(4.0)
  • 教員の学ぶ姿勢が学生にも見えると良いと思う。
  • 学会発表件数が昨年より減ったのは残念である。毎年継続していただきたいと考える。
VIII.
広報
4.0(3.8)
  • 学校説明会回数も多く、参加しやすく設定されていると考える。
  • 多方面からの情報を得て取り組みが行われている。
IX.
地域連携
4.0(3.8)
  • 協力活動が積極的に行われている。
  • 地域交流があり、看護師として貢献できるような意識づけがなされていると考える。

令和元年度 学校自己点検・自己評価結果

令和元年度学校自己点検・自己評価実施結果を、以下の通り報告いたします。

令和元年度 学校自己点検・自己評価結果

各領域の細項目
I.学校経営
目標の策定
IV.学生生活支援
心身の健康管理
学校評価の実施
学生相談の実施
評価内容などの公表
卒業後の状況把握と支援
会議の開催と機能
経済的支援 
II.教育課程・教育活動
教育目標の設定と分析
事務手続き等への支援
教育課程の評価
V.管理運営財政
適性な予算執行、事業の進行管理
シラバスの妥当性
個人情報保護
授業担当者の妥当性
危機管理体制
時間割の妥当性
学生意見の反映
指導方法・内容の妥当性
VI.施設整備
校舎の機能
未修得科目への対応
施設設備・教材の妥当性
実習環境・指導体制への妥当性
図書の整備
単位認定の公平性・妥当性
厚生設備の整備
実習・演習における倫理的配慮
VII.教職員の育成
教員研修の実施と成果の共有
インシデントの把握・分析
研究調査活動
実習指導の役割分担と協働
VIII.広報
学校広報活動
学生による授業評価
ホームページ
学生指導上の人権への配慮
IX.地域連携
協力関係の確立
III.卒業・国試対策
国家試験対策
中途退学の防止